TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

c0066080_111755.jpg







仕事絡みで店舗見学に行ってきました。
…疲れた。
六本木って家から行くのに不便でめったに行かない場所です。
近いのに乗り換えがやたら多くなってめんどくさい。
時間もかかる。
かといってそんなお買いものするところもないし。
自然に足が遠のく場所であります。

同じヒルズでも断然表参道派。
まぁあそこは青山からずっと繋がってるからだと思うんですが。
でも入ってるお店も表参道ヒルズの方が好きかなぁ。

さてTSUTAYAと言えども私が知っているTSUTAYAとは大違いで
このTSUTAYA、大変こじゃれたTSUTAYAでございました。
1Fが書籍売り場、2FがCD、DVD売り場。
スタバが同店内にあって店内は飲食OK。
なのでみんなキャラメルマキアートとか片手に本読んだり選んだりしてます。
従来の本屋では考えられないことですよね。
本にとって水物、食べ物は大敵なのに。
でもだからかみんな長居してたように見えました。
長居してくれるとついで買いとかも望めるのでいいのかも。

私の目的は1Fの書籍売り場なんですが
これまたおしゃれな売り場作りでいい雰囲気。
雰囲気に負けてなんか買って帰りそうになったんですがストップストップ…。
危ない危ない。
だってかわいい洋雑誌や書籍がたくさんで…!!

雑誌売り場を抜けてビジネス書売り場へ。
ビジネスは通りの左右2列だけなのですが
しっかり面陳で「見せる棚」作りがされていて買いたくなる作りでした。
そんなに揃ってはいないんですが、
でも必要なものはあるみたいな。
たとえば広告ものとかはしっかり場所とってあったり。
あと表紙がカラフルなのとかインパクトあるのとか。
こういうところは真似すべきなのかも。
だからかたったこんだけしか棚ないのに
常に3~4人は人がいてうち2人くらいは買っていってるのがすごい。
最近の書店は見てる人だけで実際購入に繋がってないのに。
ひどい書店なんか見てる人すらいないなんてザラだし。

今日TSUTAYA見て思ったのが
結構TSUTAYAの方がやる気あるんじゃないかなって。
面陳にしてもこれとこれとこれを○冊面にして…とか考えないといけない。
こういうのって意外と手間だったりして
書店さんはやらなかったり、
面陳増やしませんか??と提案しても今までの棚作りを変えたがらなかったり。
最近すごく思うのがやる気のない書店が非常に多い。
せっかくこうしたらいいんじゃないか?と提案しても
いいですとかいらないですとか全然取り付く島もない。
商品にしたって平積みがすくなくなってるのに注文いらないですとか意味分かんないし。
もうやる気がないとしか思えない。
やる気がない人たちと一緒に仕事はやりたくないんですよね。。。
せっかくやっても相手から何も返ってこないとどうしていいかわからなくなる。
その点まだTSUTAYAの方がちゃんとお客さんを想定した品揃えができてたり、
お客さんを想定した棚作りが出来てて考えて仕事してるんじゃないかなと思いました。

あぁ~また明日から仕事かー。
嫌だ嫌だ。
勉強会が近づいてきたので今週は帰りが遅くなりそう。。。
嫌だ嫌だ。
[PR]
by hamamoto-nobuo | 2007-09-10 01:41 | お仕事