「働きマン」の夢…

「働きマン」という漫画があります。
安野モヨコさんの漫画です。
タイトルまんまの、社会で働くいろんな人たち(主に出版社)にスポットを当てたお話。

この話の中で、
「私は働いたって思って死にたい。」
という台詞があって、
私はこの漫画を初めて読んだときから
この台詞がすごく印象に残ってました。

実は就職活動のときもすごい影響受けてて、
とにかく「仕事したい」「働きたい」ってガツガツしてた。
この話の主人公みたいに一生懸命仕事して死ねたら本望!とか思ってたっけ…。

まぁ実際半年働いて、
今週から他の先輩社員と同じように担当書店を受け持ってみたりして、
あ~働きマンなんて夢のまた夢や…と思った。。。
仕事が忙しくなってくると仕事、仕事、仕事…になって
すべてが仕事中心に回ってしまう。
家帰っても化粧落とすのが精一杯でまた朝風呂になってしまったり。
自分に時間が取ってあげれない。
一日がものすごいスピードで終わっていく。

世の「働きマン」はすごいや。
そこまで仕事をした先にはどんなモノがあるんやろうか??
それは買い物行ったり友達としゃべったりするよりも楽しいことなんだろうか??
私にはまだ何も見えないけど。

その前に体力つけないとなー。
ほんと疲れやすくて困る(*Д*;)
[PR]
by hamamoto-nobuo | 2006-10-06 00:25 | お仕事