Hello Goodbye

今日で最後の出勤でした。



決めたのは12月。
今の会社を辞めることはずっと前から考えていました。

一番の理由はこのままじゃマズイと思ったから。


「私は営業には向いてない」

営業職というのは売上を上げられなければ
本当に辛い職種です。
まわりからも追い詰められて
自分でも追い詰めてしまって。
自分はただ会社に迷惑しかかけてない存在だと
いてもしょうがない人間なんだと
それしか考えられなくなっていました。



さらに
社内体制でも、
生活面・金銭面でも、
この会社はもう先がないんです。
自分が成長して先輩の後をこう辿っていくんだというのが全く予想できない。
いつもその場その場しのぎで
お先真っ暗な状態。
会社がこうなんだから給与・賞与面でも保障がなくて
どんどん、どんどん減っていくばかり。。。
こうなるとこれからの自分の人生設計が出来なくなる。

おかしな仕事内容、
おかしな会社、
おかしな上司、
おかしな社内体制…
最後の方はもう会社に行くのが辛くて辛くて。

自分は何のための働いてるのか?
興味のないものを売り、
笑えない職場でなんで働いてるのか?
やる気が見出せないままだらだら働き続けて
そんな仕事内容で給料をもらってもいいんだろうか?
自分の仕事は誰でも出来る程度なんじゃないか?

…ずっとその繰り返しでした。。。


結局こういう決断をしたわけなんですけど
気持ち的にはほんとに悔しい。
なんだかんだ理由を言ってるけど
言ってしまえば逃げただけですから。
こういう自分に甘いところがほとほと嫌になる。
仕事だってほんとはもっと、ヘトヘトになるくらい頑張れたはず。
一生懸命さをだた演出してただけで
中身は薄っぺらいもんだった。
もっと、もっと、
自分の力で仕事を面白くできたはず。
そう思えば思うほど
私はこの4年間甘えに甘えまくってただけだったと思い知らされました。

今後のことも実はまだ分からないまま。
そんなんで辞めるなんてアホだ!
甘えてる!
と思う人もいると思う。
というかそう思う人のほうが多数だと思う。

だけど
私はこのままで終わりたくなかった。
辞めたからと言って良くなるか?といえば
そうは限らないとは分かってる。
もっと悪くなるかもしれない。

それでも
私は動き出したかった。
待ってても誰も助けてくれない。
待ってても何も変わらない。
それなら、
今よりもう少し、笑える可能性があるのなら、
歩き出したかった。


私はいい社員でも、いい後輩でも、いい先輩でもなかったと思う。
なのにみんな本当に良くしてくれた。
関西から誰も知り合いのいない環境に一人乗り込んでいって
自分では平気だと思ってたけど
でもどっかでさびしかったし不安だったと思う。
そんなときみんなのあったかさにどれだけ助けられたか。
気軽にあだ名で呼んでくれるのがどれだけ嬉しかったか。
人的には本当に恵まれてた。

辞めると言った時
いろんな人に声をかけてもらって。
いろんな人から選別をもらった。
たくさんの人が送別会を開こう!と言ってくれて
たくさんの人が行きたいと言ってくれた。
昨日だってすぐに帰ろうとしたら飲み会をやろうと言ってくれて
遅くまで仕事してたにもかかわらず、
いろんな人が来てくれた。
こんな最後にならないと
私はこんなに愛されてたんだなということを実感できないなんて。
ほんと間抜けすぎる。
なんでもっと大事にできなかったのか?
なんでもっと感謝できなかったのか?
なんでもっと…
今思うのはただそれだけです。


本当に4年間、ありがとうございました!!
数ヵ月後、数年後に会ったとき
もっと笑って元気な姿でいてるように
私も頑張ります。


c0066080_232834.jpg
昨日いただいたお花です。
このカラーリングがちょっと自分っぽいとか思ったり。
竹さん~ありがとう★
[PR]
by hamamoto-nobuo | 2010-01-23 02:03 | 日記